受付の仕事

よしどめ歯科スタッフ:受付さんからのメッセージ

「よかった。まだ居たのね」

よしどめ歯科に入職して今年で5年目になりました。最近、患者様からよく言われるお言葉です。

私の職種は受付です。歯科のお仕事の中では、診療には携わらない職種です。受付って、患者さんを出迎えて、会計して、電話に出て、お見送りして、ってそんな仕事でしょ? ってよく言われます。
ですが実際は、汗だくでやっております。スタッフの中でも、受付のスタッフだけ冬になっても暑い暑いと、半袖でお仕事してます。受付のお仕事の大半は、カルテとの戦いです。当院は元々狭くカルテを収納するスペースも少なかったこともあるのですが、年代別に違うところにあるので常に動き回っているのです。なので、わりと冬でも汗かいてます。

スタッフの入れ替えで新人さんが入社してしばらくすると、よく言われるのが「受付ってただじっと座っていればいいのかと思ってた」。ですよねぇ、はたから見ればそう思ってたのも仕方のない職場です。

当院の受付で一番大事にしてること。それは患者様とのコミュニケーション。元々は吉留理事長が口を酸っぱくして言っていたことなのですが、それってすごく大事。
私は最初の頃は全く理解できず、どうしたらいいか悩んで居ましたが、隣で楽しそうに患者様と話している先輩スタッフを見ていて、その接し方とか、患者様のお人柄とか、だんだんと意味がわかって来て、そして3年目ぐらいから、やっと言われるようになったのが、

「よかった。まだ居たのね」

受付という職種にとっては最高の褒め言葉。自然とお出迎えの時に笑顔が出てくる言葉です。
待合室の何気ない会話ですが、患者様が通いやすい歯科医院になるように、診療では携われなくても受付の対応で、

「歯医者ならよしどめに行ったら?」

と勧めていただけるよう、微力ながら今後も患者様とのコミュニケーションを続けていきます。